• TOP
  • 創業融資とは
  • 創業融資の要件
  • 神戸の創業融資サポート 口コミ・評判
神戸の創業融資おすすめランキング

創業融資とは

これから事業を開始する方が知っておきたいことに、「創業融資」があります。
今回は「創業融資」についてご紹介しましょう。

創業融資とは?

創業融資とは、設立したばかりで売上や利益の実績がない会社でも特別にお金を借りることが出来る制度のことです。
もちろんこれにも審査が必要になりますので、金融機関からの受けのよい綿密な事業計画書を作成することは必須です。
創業融資を行っている組織には「日本政策金融金庫」と「信用保証協会」の2種類があります。

日本政策金融金庫とは?

日本政策金融金庫は、担保不要・社長は借金の連帯保証人にならなくてもよい、という条件がとても魅力的で有名です。
もともとは「国民生活金融金庫」という名称でしたが、現在は「株式会社 日本政策金融金庫」の国民生活事業部となっています。
株式会社と言っても、国が100%の所有権を持っており、国の政策に基づき、国民一般・中小企業者及び農林水産業者への円滑な資金供給を行っています。
公的色合いが強く、無駄の削減・効率性の向上に力を入れています。

信用保証協会とは?

信用保証協会も創業融資を行っていますが、この協会そのものがお金を貸してくれるわけではありません。
創業融資は東京都などの自治体、信用保証協会、金融機関の三者によって行われます。
役割が分かれており、自治体が創業融資の借入条件の決定、信用保証協会がそれの保証、金融機関が実際にお金を貸すということになります。
信用保証協会は「保証」をしてくれるのですが、この保証とは、つまり連帯保証になります。
起業した会社が金融機関から創業融資を借り入れたにも関わらず返済できなくなった場合、信用保証協会が会社に代わって借金の返済をしてくれるということです。
このお蔭で実績のない会社でも、金融機関からお金を借りることが出来るようになります。
信用保証協会も無料で借金を肩代わりしてくれるわけではなく、借金の利息とは別に保証料という代金を会社から受け取ることになります。
また、借金を代わりに返済してもらっても会社の借金が無くなるたけではなく、その後信用保証協会に返済しなければなりません

新着情報

創業計画書を作成する時の2つのポイント

会社を設立した後に事業資金などが必要になるので資金調達をするために創業融資を受ける事も多いでしょう。 創業融資を受ける時は日本政策金融公庫に融資を申し込みますが、その時に創業計画書を作成して提出する必要があります。 創業計画書は借りたお金を返済する事が出来る根拠を相手に伝える書類で審査をする時に参考書類となります。 それにより創業計画書の作成の仕方によって審査の可否が左右されてしまうのでポイントになる点をしっかり押さえておく必要があります。 そこで創業計画書を作成する時のポイントを確認してきましょう。

創業の動機は詳しく書く

創業計画書を作成する時にまず創業の動機を書く事になりますが、お金を借りる事を考えると動機は詳しく書かなければいけません。 創業の動機が新しい事業を始めたかったなど簡単に書いてしまうと貸す側からの信用度も低くなってしまいます。 それにより本当にお金を貸しても良いのかという疑問が出てしまうので審査が否決されてしまう事もあります。 審査が可決されるためには創業の動機を詳しく書いて貸す側に熱意をしっかり伝えていく事が大切になってきます。 創業の動機は出来るだけ詳しく書くようにしましょう。

必要な資金を正確に書く

創業融資を受ける時は必要な資金がいくらなのかを明確にするので創業計画書を作成する時も必要な資金を正確に書く必要があります。 店舗を持つ時などは最初に内装工事や外装工事を行いますが、どの工事でどのぐらいの費用がかかるのかを分かりやすく正確に書く事が大切になってきます。 正確に書けば審査の時にこれだけの資金が必要だという事がすぐ分かるので可決されやすくなります。 創業計画書を作成する時は必要な資金を正確に書くようにしましょう。 創業計画書を作成する時は創業の動機は詳しく書く、必要な資金を正確に書く事がポイントになってくるのでしっかり頭に入れておきましょう。 また創業計画書を作成した後に記入項目の漏れや間違いなどがないようにしっかり確認してから提出するようにしましょう。

創業融資を受けるための面談での注意点

創業融資を受ける時は審査担当者と面談をする事になりますが、注意しなければいけない点があるのでしっかり把握しておく必要があります。 何も準備しないで面談をして審査担当者に悪い印象を与えてしまい審査が否決されて融資を受ける事が出来なくなってしまう事もあります。 確実に融資を受ける事が出来るように面談をする時に注意しなければいけない点を確認していきましょう。

常識のある振る舞いをする

創業融資を受けるために面談をしている時は審査担当者はどのような人なのかを重視します。 まず面談をする時の服装で基本的にはスーツを着用しますが、中にはスーツにしわが出来ていたり汚れが付着していたりする人もいます。 そのような時は審査担当者からすごく不衛生で非常識な人と判断されてしまう事があります。 また面談で社会人として丁寧な言葉遣いをする事が出来ない場合も非常識な人と判断されてしまう事があります。 非常識な人にはお金を貸したくないものなので創業融資を受けるための面談では常識のある振る舞いをするようにしましょう。

弱気にならないようにする

創業融資を受ける時の面談では審査担当者かたいろいろな事を質問されますが、あまりネガティブな事を言ってしまうと印象が悪くなってしまうので注意が必要です。 審査担当者にマイナズ面の情報がバレてしまう前に正直に言って印象を良くしようと考えている人もいますが、創業計画書にマイナス面の情報がしっかり書いてあるので自分からネガティブな事を言う必要はありません。 自分からネガティブな事を言ってしまうと減点も多くなってしまうので審査が否決されてしまう場合もあります。 逆効果になる事が多いので面談をしている時は自分からネガティブな事を言うなど弱きにならないように注意しましょう。 創業融資を受けるための面談をする時に注意しなければいけない点は常識のある振る舞いをする、弱気にならないようにするの2点が重要になってくるのでしっかり頭に入れてから面談に臨むようにしましょう。

税理士ランキング

神戸すえひろ税理士法人

日本政策金融公庫神戸支店の取扱件数
5年連続NO.1

設立は2002年で、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士など、それぞれの分野の専門家との連携が抜群の税理士法人です。 融資関係と会社設立に強い事務所で、創業融資、追加、借換融資等のあらゆる融資に対応してもらえる上に、手数料は一切かからないと言い切っているので安心です。
クライアントのほとんどが、既存顧客のご紹介とのこと。法人・個人を問わず、多くの経営者からの信頼が厚いと言えるでしょう。

ココがポイント!!
  • 融資手数料完全0円(※顧問契約、成果報酬も一切なし!)
  • 専門家が集まった神戸のスペシャリスト集団!税理士は男性2名女性1名が所属!
  • 日本政策金融公庫神戸支店融資取扱件数4年連続NO.1!
  • リピーターか紹介のお客さんが多い信頼できる税理士事務所!
融資手数料 無料
サービス内容 融資相談/会社設立/税務顧問/決算業務/税務調査
事務所所在地 神戸市中央区磯上通八丁目3番10号井門三宮ビル12階
電話 078-252-8885
営業時間 月曜日~日曜日 9:00~17:00(土・日・祝日は原則として予約制)

詳細はこちらから

税理士法人森田事務所

森田事務所は相続対策やドクター支援といった業務を行なっている所であり、対応が丁寧で無駄がないことで高く評価されました。 また中国進出支援も行っているので急速に発展してきているここの国で企業を設立したいと考えている方々にとっても好都合ですし、投資コンサルティングによる支援も受けられる為こちらの方面による支援も受けられるのも特徴です。

税務顧問料 未記載
サービス内容 決算業務/法人設立/相続業務/コンサル
事務所所在地 神戸市中央区加納町4-4-17 ニッセイ三宮ビル6階
電話 078-393-2887
営業時間 未記載

長井誠税理士事務所

長井誠税理士事務所では、軌道に乗るまで月5千円の格安創業プランを用意していたり面談時間のないシンプルプランを用意していたり事情によって選べるプランがある税理士事務所です。

顧問料月額 10,000円~
サービス内容 会社設立、開業支援、記帳代行、給与計算、決算申告、調査立会、相続贈与、財産評価、事業承継、税務相談、節税対策、融資斡旋、資金繰り改善など
事務所所在地 神戸市中央区北野町4丁目11番7-402号
電話 078-241-2215
営業時間 9:00〜18:00
創業融資の体験談
新創業融資制度を勧められて困った

日本政策金融公庫へ創業融資を依頼しようと思い、事業計画書を作成した上で相談へ行くと、新創業融資制度を勧められました。
自己資金として1,000万円は確保していましたが、設備投資資金と運転資金の調達を考えた時に、金利が少しでも低いことが良いと考えていたので金利アップは想定外です。
新創業融資制度の金利設定で返済計画を立てた場合には、事業規模を1割削減する必要があるので、事業そのものの採算性を見直す必要が出てきました。
そこで、2種類の事業計画書を作成して新創業融資制度利用時には返済が苦しくなるリスクを負うことを説明した上で創業融資のみを受けたいという希望を出して認められましたが、融資審査が下りるまでに3ヶ月掛かったことは予定外でした。

税理士のおかげでスムーズに資金調達ができました

最初は副業で行っていたネットビジネスですが、本業よりも収入が多くなったので独立しました。
ある程度の資金はありましたが、創業融資のことを知り税理士に相談してみました。
創業融資の実績が豊富な税理士を選んだのですが、アドバイスが的確で助かりました。
創業融資は準備がとても重要だと言われ、念を入れて準備したおかげでスムーズに資金調達ができました。
提出する計画書を作成するときも丁寧なサポートがあり、専門家はやはり頼りになると痛感しました。
今は感謝の気持ちでいっぱいです。

日本政策金融公庫から徹底対策をして融資を獲得

長年の夢を実現させるために創業融資を利用しました。 自己資金だけでは足りずに悩んでいた際に知人から日本政策金融公庫の創業融資の話を聞き色々と調べてみました。
ただ、非常にハードルが高いものに感じられた為に、実際は税理士をしている友人を頼ることになり、その友人のアドバイスをもとに書類や面接の対策を取りました。
創業計画書は以前から何度も練っていたものですので、体裁だけ整えてもらえばどうにかなりましたが、面接の対策には時間を取られました。
そのお陰で面接自体は無難にこなすことができましたが、審査の結果を待つまでの時間は非常に長く感じられました。
すぐにでも開業の準備に取り掛かりたくても、融資の目処が立たないことには動きようがなく、ずっと待っている状態です。
ようやく審査が通った連絡が来た時には、目標としていた開業時期まで時間がなかったので非常にバタバタしました。
ただ、最大の悩みであった資金調達ができたことには心から感謝しています。

自己資金割合の高さが創業融資のかぎになります。

創業融資が必要だった理由ですが、元々自己資金が少なかったことから広告費等を捻出する余裕がなかったのが大きな理由です。まず始めに自社の宣伝をする必要がありました。
手続きは、詳しい事業計画書を作成して日本政策金融機関に相談することから始めます。いわば面談です。そこで社業や今後の指針などの質問をされます。
その際に少々大げさでも自信のある素振りを見せつけるのが重要です。その逆では不信感を与えてしまいます。それが通ると申請できます。
結果融資をうけられ、それから自社を宣伝することができ、業績アップにつながりました。創業融資制度に救われた思いと同時に自己資金の重要性も感じました。

創業者にとっての味方。知って得す創業融資について

私はイタリアンレストランを開業するにあたり手元資金が200万程度しかありませんでした。
地元に創業についての相談にいった際に、日本政策金融公庫にて創業資金を行っているとの情報を得ました。
当初の計画では、金融機関からの資金調達は700万程度が必要でした。実際に日本金融公庫に赴き話を聞いたら、自己資金÷調達資金=10%以上であれば申込可能と教えて頂きました。私にとって非常に魅力的な条件だったことから、利用することを決心しました。
申込に際して、事業計画が必要だったのですが担当者の方も親切で一緒になって事業計画書の策定に尽力してくれました。
初めての融資と言う事もあり不安な点も多々あったのですが、ひざを突き合わせて真剣に相談に乗ってくれて嬉しかったです。
お陰様で無事に満額の資金調達ができ、開業することができました。

創業融資で念願の蕎麦屋を経営できた。

私は大学を卒業してからすぐに旅行会社で勤めました。しかし、もともと自分で飲食店を経営したいと考えており、旅行会社で勤めてから3年ほどで蕎麦屋を経営したいと考えていました。しかし、今の貯金では全然足りませんでした。
2人目の子供の育児休暇中に、創業融資のことを知り、日本政策金融公庫に話を聞きに行きました。話を聞きに行くと、蕎麦屋の経営をしたいという欲求が強くなっていきました。
そして、育児休暇中に蕎麦屋を経営することを決意しました。
時間をかけて、売上検討表や損益計画書、資金繰り予定表など必要な書類を揃えました。また、面談ではネガティブな印象を与えないように意識しました。結果、500万円の融資を受けることができました。
融資を受けることができた時には、ホッとした反面、やっていけるのかという不安もありました。今は、旅行会社で働きながら、念願の蕎麦屋を経営できています。
経営も順調にいっており、日本政策金融公庫への支払いもしっかりできています。

創業融資でビジネスを成功させた体験

10年以上飲食店で働いてきた経験を生かして居酒屋を開業しようと考え、初期投資や採算性などのシミュレーションをしました。
そして店舗取得や厨房機器の購入などで1000万円程度の資金が必要だとわかり、創業融資制度を活用しました。まず最初に日本政策投資銀行の店舗を訪れ、必要な書類をもらったうえで、申請の流れについて説明してもらいました。
また創業計画表や資金繰り表などの書類の提出も必要だったので、税理士からサポートを受けました。そのおかげで申請時の面接もスムーズに進み、無事に希望する金額の融資を受けることに成功しました。
居酒屋を開業してから経営が軌道に乗るまでに半年が必要でしたが、低金利の創業融資を活用できたので、ビジネスを成功させることができてほっとしています。

信用保証協会を通して地元の信用金庫から融資獲得

自由業に近い自営業者としての創業であったため、資金需要はそれほど大きくはありませんでした。それでも、自宅で仕事をするのではやる気は出ないし、見られ方も違いますから、どうしても事務所は借りる必要がありましたし、借りれば備品も必要でした。
それでまず、事務所としての口座を開いた地元の信用金庫に相談に出向きましたが、担保も信用実績もない状態で融資を受けることは難しかった。
ただ、信用保証協会を通せば可能性はあるといわれ、そちらに出向くと対応は非常に良かった。
しかしながら、申請条件は過去3年間の黒字実績。それで確定申告を3年分黒字にしてなんとか通しましたが、税金もすごいことになって、後から思うとあまり賢くなかったです。

日本政策金融公庫から融資を受けました。

事業を開始するのに、自己資金が少なかったので、資金面で不安があり、親族の不動産業の経営者に相談しました。その経営者が、日本政策金融公庫と取引がありまして、日本政策金融公庫をご紹介していただきました。
その後、最初の面談では、不動産業の経営者が同行し、始める事業ことや希望融資額の聞き取り調査があり、融資に必要な事業計画書の作成方法を教えていただきました。面談時間は1時間程度でした。
日本政策金融公庫の担当者は、とても丁寧に対応してくださいました。事業計画書の提出期限は、最初の面談後1週間でした。期限内に事業計画書を提出し、2週間後に融資を受けることができました。
融資額は満額ではありませんでしたが、希望額の8割ぐらいの額の融資を受けられたので、事業の滑り出しは順調に進み、不安が解消されました。

創業融資は難しくない

夢だった自分の店を持つためになるべく低金利でお金を借りる方法を探す中で、私は創業融資と出会います。
しかしながらその獲得が難しいといった評判を見て不安に感じたため、思い切って実績のある会計事務所にお願いし全てを任せてみることにしました。
必要な書類への記入作業などを会計事務所の担当者の方の指示通りに進めていると、2ヶ月ほどで融資を獲得できたという報告があり、そのあまりの簡単さに少し拍子抜けをしてしまうほどでした。
自分一人でやったのではそう簡単にはいかなかったはずなので、プロに任せて良かったと思うのと同時に、今は融資が獲得できたという喜びを徐々に実感しつつあります。

創業融資とは

創業融資の要件

神戸の創業融資サポート 口コミ・評判

サイトマップ
神戸で信頼できる相続に強い税理士はこちら